HOME  1/5page  2/5page  3/5page  4/5page  5/5page


双層軟座車

中国鉄道部自家工場製のダブルデッカーです。一般の客車と同様に硬座車は片側4人、通路を挟んで反対側が6がけのボックス席ですが、背ずりのクッションはそれぞれ独立しています。軟座車は間にテーブルが付いた4人がけのボックス席。車内は日本の新幹線100系なみにゆったりとしています。もちろん冷暖房完備で、一部の窓の上半分が内側に開くだけで他は固定窓。1両に1人ずつ女性の乗務員が乗車していて、やかんを持ってお茶のサービスや、掛け軸の販売に忙しく動き回っています。

サボは1階と2階の間に 二階建ては双層だそうで
軟座車1階席 軟座車2階席 やかんを持った乗務員がお湯を配る

日本と違ってホームが低いため、出入り口の扉は1階部分に設けられています。また、1階席もJRの車両のように窓からホームの乗客の靴を眺めることはなく、半地下のようなうっとうしさはありません。 

車端の台車上の客室 他端の台車上は車掌席
1階席では掛け軸の販売 メーカープレートを見ると鉄道部自家工場製らしい

“2次旅游”の無錫駅への入線から南京に向かう車内の様子や車窓を動画でご覧ください。

 東風4型ディーゼル機関車が牽引する“2次旅游”

 


南京に到着

こうして、無錫からノンストップの2時間で南京に到着。列車は次の南京西まで行きますが、大半の乗客はここで下車します。南京は江蘇省の省都、人口500万人をこえる大都市です。また、3本の幹線鉄道が交差し、長江(揚子江)に南京長江大橋がかかる交通の要衝です。

沿線には蒸気機関車の姿も 南京に到着
南京に到着した列車

南京で宿泊した金陵飯店は外資と合弁の高層ホテルです。立地は南京一の繁華街とはいうものの、夜は暗くて周囲の散策もできません。

このツアーは、南京の旅行会社が企画して名鉄観光に売り込んだそうです。南京では、旅行会社の副社長も同席して、南京ダックのフルコースとなりました。北京ダックは皮だけを食べますが、南京ダックは内臓まで全てを調理し、実に美味でした。

副社長の話では生まれが和歌山だそうで、中学生の時に終戦を迎えて中国に引き揚げてから医師をしていたそうですが、日本語が話せることから日中国交回復以後、政府から旅行会社に勤務することを命ぜられたそうです。ガイドの日本語教育も、副社長が行ったのだとか。職業選択の自由のない時代の話です。

数少なかった高層ビルの金陵飯店 ホテルの窓からの眺め
朝のラッシュ時に広い通りにクルマがいない ホテルの部屋から見た交差点のロータリー

翌朝ホテルの窓から外を見ると、南京もやっぱりスモッグで視界がききません。真下の新街口の交差点は大きなロータリー。朝のラッシュ時にこのロータリーには次から次へと連結バスや連結トロリーバスが入ってくるものの、一般車はほとんど見かけずあとは自転車だけ。

最初の訪問から21年後の2012年に南京を再訪したときには、ネオンの輝く新街口の交差点の下には東西方向と南北方向の地下鉄が交差する駅ができ、地上のロータリーは撤去されて信号待ちのクルマの列が続き、その間をぬって自転車にとって替わって電動バイクが走り回っていました。金陵飯店は健在でしたが、高層ビルの谷間に埋もれていました。


侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館

南京は中国近代史の中で重要なところであり、日本とも不幸な関係のあるところです。1911年にはじまる辛亥革命では、孫文らが中心となって清朝をたおし、中華民国の臨時政府を南京に樹立しました。日中戦争の最中、1937年12月に中華民国の首都南京を占領した日本軍が無差別に行った南京大虐殺では、軍人・捕虜・一般市民など、犠牲者は数万人から東京裁判の43万人とする説まで議論のあるところですが、中国では30万人としています。

南京市の西の郊外に、侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館があります。もちろん、日本人向の観光コースには入っていませんが、事前にガイドに見学したいと申し入れたところ、副社長の了解を取って翌日、私たちだけ別に案内してくれることになりました。

途中の道には自転車の大群 侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館
紀念館の入り口に30万人の文字が 外壁には当時の様子が彫られている

他のツアー客より1時間早く、ガイドと一緒にタクシーでホテルを出発しました。通勤の時短車の大群が行き交います。

市中、至る所で蛮行は行われたそうですが、紀念館のある場所は特に多くの遺骨が出てきたところだそうです。館内は撮影禁止のため、周辺だけお目にかけます。外壁には当時の様子が彫られています。

   
日本語の説明 紀念館の工事で出てきた遺骨の展示

南京再訪時にはここは訪れていませんが、その後中国共産党により抗日記念館の代表格として愛国主義教育基地に指定され、大幅に規模を拡張したのだとか。また、タクシーを使わなくても、今は近くに地下鉄駅があるそうです。


 

inserted by FC2 system