HOME 1/3page 2/3page 3/3page


到着した列車がバックして貨物用の小さなホームに横付けし、乗せてきた荷物が下ろされます。

ヴォルフガング湖を背に貨物ホームで荷物の積み卸し

貨物ホームから山上のホテルへ細いレールが敷かれ、専用のケーブルカーで荷物が登っていきます。

ケーブルカーで荷物が登っていく

シャーフベルクからザルツカンマーグントの絶景が広がります。この景色を見れば、ディーゼル機関車で登ってきたモヤモヤなど吹き飛びます。

シャーフベルクからの絶景

シャーフベルク山の裏側、北西に広がるモント湖。一番奥に家並みの見える町は、サウンドオブミュージックでマリアとトラップ大佐が結婚式を挙げる教区教会のあるモントゼー。

モント湖
アッター湖

北東側は、ザルツカンマーグントで一番大きなアッター湖

近くの切り立った嶺は、1782mのシャーフベルク山頂です。

シャーフベルク山頂

遥か遠くには、氷河のかかるオーストリアアルプスの山々が望めます。

遠くにアルプスの氷河

ザンクト・ヴォルフガングの教会にズームアップ

ヴォルフガング湖に目を転じれば、乗車前に訪れた湖畔の教会の姿も。

シャカシャカと音をたてて、二番列車が登ってきます。今度は間違いなく蒸気機関車の後押し。

トンネルを抜けた二番列車が見えた

蒸気機関車の後押しで登ってきた

でも、軽油炊きの新型蒸気機関車では、煙突から薄いわずかな白煙が見えるだけ。

二番列車がシャーフベルク・シュピツェに到着

シャーフベルク・シュピツェ駅では、降車ホームと乗車ホームを使い分けているようで、乗客を降ろした列車は一旦バックの上、ポイントを切り替えて隣のホームに据え付け。

乗車ホームに移動

Z13号機

多客時には、駅構内に乗車待ちの行列ができるのでしょうか。1時間半ほどの滞在で午前中に山を下りる人は少なく、まだ閑散としています。

発車を待つ列車

ボイラが前に傾斜している

機関車は軸配置C1のZ13号機。ボイラ回りのパイピング等がなくすっきりとしたスタイル。急勾配区間でもボイラが空だきにならないよう、あらかじめ前屈みで傾斜を付けています。

下りの二番列車はご覧のような乗車率

閑散とした車内。帰りは機関車の次位の客車の前方席に陣取ります。

壁にはシャーフベルク鉄道の紋章
臨時列車が登ってきた

Z12号機が押して登ってきた、時刻表に載っていない臨時列車の到着と入れ替わりに発車します。


inserted by FC2 system