HOME page1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 p26 27 page28


ポツダムのブランデンブルク門

アインハイト広場の停留所に戻ってきました。ここでは、東西南北4方向に向かうトラムが分岐しています。西へ曲がるトラムに乗ってブランデンブルク門へ。電車を降りても門が見つからないと思ってタブレットのGoogle map上のGPSで位置を確認したら、1停留所行きすぎていました。便利になったもので、これなら迷子にならなくて済みますね。やってくるトラムを撮りながら戻ります。

シュタッドラーのヴァリオバーン シーメンスのコンビーノ
ポツダムのブランデンブルク門 門越しにブランデンブルガー通りの向こうにオランダ地区の教会が見える

ポツダムにもブランデンブルク門があります。プロイセンのフリードリッヒ大王がオーストリアとの戦いに勝ち、18世紀後半の1770年に戦勝記念として建ててたもので、ベルリンより規模は小さいものの20年早くできています。門の向こうのブランデンブルガー通りは、トラムの走るフリードリッヒ・エーベルト通りのナウエン門の近くまで続くポツダムのメインストリート、歩行者天国のショッピング街。

 

サンスーシ公園

ポツダムの市街地の西に広がる面積280ヘクタールと、とてつもなく広いサンスーシ公園。ブランデンブルク門近くの停留所で公園行きバスの時刻を確認したら、しばらく来ないのでバス通りを歩いて向かうと入口があります。あとで確認したら、しまった、徒歩での入口は、もっとブランデンブルク門に近いところでした。

ここは、世界遺産“ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群”の一部。18世紀半ばに、フリードリッヒ大王が夏の離宮としてサンスーシ宮殿を建造したのが始まりです。

サンスーシ公園の市街地側 東の入口 噴水の遙か向こうに2km以上先に新宮殿のシルエット
絵画館

東西に2km以上、真っ直ぐのびる公園内のメインストリート西に行くと噴水が現れます。北側は少し高くなっていて、そこにあるのがフリードリッヒ大王が自らのコレクションを展示するために18世紀半ばに建てた絵画館。

さらに進むと、次の噴水の北側にロココ調のサンスーシ宮殿の優美な姿が現れます。その手前には、階段に沿って6段に分かれた温室があり、ブドウやイチジクの葉の緑が目に鮮やかです。

階段の上にサンスーシ宮殿
サンスーシ宮殿 サンスーシ宮殿から公園の眺め

階段を上って宮殿へ。正面中央に楕円形の大広間があり、その両側に個室が並び、左手には金色に輝く太陽のモチーフで装飾された園亭が建っています。宮殿の入口は裏に回ったところ。夕陽を浴びて、半円形の回廊が長い影を落としています。

太陽のモチーフで装飾された園亭 宮殿の裏 夕陽に丸い回廊の影
歴史的風車 ノイエ・カマーン(裏側)

サンスーシ宮殿の裏から公園の北側の舗装された通りに出ると、高台にオランダのような風車があり、その前に建つのは18世紀半ばに温室として造られ、わずか30年後にはゲストハウスに改築されたノイエ・カマーン。

まだ広大なサンスーシ公園の東側の一部を散策しただけで、西側の新宮殿までは2kmほどの距離がありますが、朝から1日歩き疲れてギブアップ。近くにポツダム中央駅行きの停留所を見つけ、バスに乗って市内に戻ることに。

 

旧市庁舎とニコライ教会

中央駅の手前の旧市街広場、アルター・マルクトでバスを降ります。18世紀半ばに建造の旧市庁舎、19世紀前半の建築であるニコライ教会などは、第二次大戦で被害を受けたものの、東ドイツ時代に修復されています。

旧市街のタトラカー 旧市庁舎
ニコライ教会 中央駅に向かうタトラカー 正面がポツダム中央駅
 駅と旧市街を結ぶ橋を渡るトラム 駅前からみた旧市街のニコライ教会

旧市街から電車通りを、ハーフェル川にかかる橋を渡って、ポツダム中央駅に戻ります。

 

ポツダム中央駅

ポツダム中央駅は最近整備されたのか、駅ナカが充実しています。アジアのメニューを揃えた気軽なレストラン、アジアグルメでタイカレーの夕食を済ませ、Sバーンでベルリンに戻ります。夕刻ラッシュ時のSバーンには、通勤客が次々と自転車を持ち込んできます。エコですね。

ポツダム中央駅前の停留所 駅ナカのアジアグルメ
夕食はタイカレー ポツダム中央駅のSバーン
先頭車の窓に自転車マーク 通勤時は自転車がいっぱい

広大なサンスーシ公園には、他にも多くの見所があり、ポツダム会談の行われたツェツィーリエンホーフ宮殿にも立ち寄っていません。ベルリンを再訪問する機会があれば、もう一度ポツダムにも足をのばしたいものです。

 

夕暮れのアレクサンダー・プラッツ周辺

お腹がいっぱいになったので、ホテル最寄りのツォー駅で降りず、そのままSバーンに乗ってアレクサンダー・プラッツへ。夕空に浮かぶテレビ塔、赤の市庁舎、聖マリエン教会、ベルリン大聖堂。その足元を、黄色いトラムが駆け抜けていきます。

夕空に浮かぶテレビ塔 赤の市庁舎
聖マリエン教会 ベルリン大聖堂
ボンバルディアの7車体連接低床車 タトラカーと100番のバス

ツォー駅へは、100番の二階建てバスの車窓から市内を眺めながら帰ります。


 

inserted by FC2 system