HOME  1/5page   2/5page   3/5page   4/5page   5/5page


旅の車窓から

クロアチア ザグレブ ポレチ プーラ

クロアチア・スロベニア・北東イタリア鉄道の旅 クロアチアのザグレブからスロベニアのリュブリャナ、コペルを経てイストラ半島のアドリア海沿岸を巡り、イタリアのトリエステからヴェネツィアに向かう鉄道の旅にご案内します。


クロアチア・スロベニア・北東イタリアの旅

2016年のゴールデンウイークにカタール航空で、成田→ザグレブ、ヴェネツィア→成田のチケットを確保し、クロアチア、スロベニア、イタリアの3か国を巡る旅に出ました。クロアチアの首都ザグレブから列車で国境を越えてスロベニアの首都リュブリャナへ、アドリア海に面したスロベニアのコペルから再び国境を越え、イストラ半島のアドリア海沿いにクロアチアのポレチ、ロビニ、プーラを回り、再びスロベニア経由でイタリアのトリエステに抜けるコースです。

社会主義の国として、南東ヨーロッパのバルカン半島にあったユーゴスラビア連邦人民共和国は、7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字を1つの国家に押し込めていたものが、ベルリンの壁崩壊後の1991年から民族間の内戦を経て解体され、6つの共和国に分離独立。スロベニアは2004年にEUに加盟し2007年にシェンゲン協定が発効、クロアチアは2013年にEUに加盟を果たしたものの、シェンゲン協定には加盟の計画はあっても実現していないため、かつては同じユーゴスラビアであった両国間の国境では出入国管理がおこなわれています。スロベニアの通貨は2007年にユーロを導入、クロアチアは導入計画はあるものの、まだクーナのままとなっています。

※ 5ページの末尾にそれぞれリンク先を設けました。詳しく知りたい方はご利用ください。


カタールのドーハ乗り継ぎでクロアチアのザグレブへ

成田空港の門限の前、22時20分に出発したカタール航空のB777は、未明の4時過ぎにドーハに到着。2時間半の乗り継ぎで、ザグレブに着くのは現地時間の正午ごろ。カタールからヨーロッパは遠いですね。空港から市内のバスターミナルまで30分ほど。

到着直前に、閉じたゲートの向こうに蒸気機関車の姿がチラッと。ザグレブ中央駅の南側、裏手に当たる場所にクロアチア鉄道博物館があり、GoogleMapの航空写真では、何両かの蒸気機関車やディーゼル機関車が屋外に保存展示されている様子が見られます。

ドーハ空港 ザグレブの空港から市内に向かうバス
クロアチア鉄道博物館の蒸気機関車 ザグレブバスターミナル前のトラム

バスターミナルの前にはトラムの停留所があり、専用軌道になっています。青いトラムに乗り換え、ザグレブ中央駅前のホテルへ向かいます。


ザグレブ中央駅

ホテルにチェックイン後、翌朝の隣国スロベニアのリュブリャーナまでの切符を買いにザグレブ中央駅へ。かつては、ロンドンからイスタンブールに向かうオリエント急行も停車した立派な駅舎です。誰も並んでいない出札窓口では、1枚ずつカーボン紙をはさんで手書きで発券。残念ながらクロアチア国内や周辺国への移動は、鉄道よりバスの方が便利なのが現実です。

クロアチア鉄道の電化区間はAC25KVの50Hz。駅舎を抜けてホームに出てみると、3車体連接の電車が停車中。ローカル列車で、台車の上を除く客室が低床の新型車。最近の西ヨーロッパの新型車は、何処の国でも同じ大手の車両メーカー4社のカタログ商品ばかりで面白みが無いのですが、この電車は初めて見るスタイル。帰国後に調べてみると、クロアチア国産 KONČAR 社の製品で、大手の車両に劣らぬできばえです。車体の両側に耳のように出っ張っているのは、バックミラー代わりのカメラでしょうか。同じ車体で電気式のディーゼルカーもあるらしい。

ザグレブ中央駅 クロアチア鉄道のKONČAR製部分低床連節車
ローカル列車を牽引する電気機関車 落書きだらけの客車

駅舎の横に行き止まり式のホームがあります。ちょうど電気機関車が3両の客車を牽引して入線してきました。日本の国鉄機によく似た顔つきで、側面に丸窓のある1141型はKONČAR製でクロアチア鉄道の主力機。ユーゴスラビア国鉄からの引き継ぎ機のようで、正面窓下の丸いマークはクロアチア語でクロアチア鉄道を表す Hrvatske željeznice、略して HŽ を図案化したよう。

落書きだらけの1両目の客車は、両端扉が幅広で2枚折戸。2両目と3両目は車体の中央よりの2個所に扉がある近郊仕様のローカル列車のよう。

隣のホームで発車を待つのは、正面2枚窓で3両編成の近郊電車。ハンガリーのガンツ社製のようだけど、ハンガリー国内で見かけた記憶はありません。中間車にはイラストが描かれ、車内はボックスシート。

ローカル客車列車と電車 ハンガリーのガンツ社製の電車
電車の車内 イラストの描かれた中環電動車

駅舎側のホームに戻って発車案内を見上げると、ハンガリーのブダペスト行きインターシティーの表示があるので見に行くことに。2番線に7両編成の客車が停車中。塗色からみてクロアチア鉄道の所属です。

ホームの発車時刻案内 インターシティーの客車

前方から1142型電気機関車が入線してきて連結。1141型に比べ正面窓が大きくなったけど、側面は同じ丸窓。やはりユーゴスラビア時代のKONČAR製。

1142型電気機関車が入線してきてインターシティーの客車に連結
線路を渡る乗客 7両編成のインターシティー

ザグレブ中央駅の構内をウロウロしていると、このほかに荷物車や寝台車らしき客車が留置され、L型の入れ換え用ディーゼル機が走り回っています。

荷物車? 寝台車?
 
留置線の客車 入れ替えのL型ディーゼル機関車

駅舎の横にはC型のテンダ式蒸気機関車が保存されています。煙室扉が観音開きになった、オーストリアで見かけるタイプ。クロアチアやスロベニアは、第一次世界大戦以前はオーストリア・ハンガリー帝国領の一部でした。

   
駅前に保存展示されているC型テンダ式蒸気機関車

 

ザグレブ中央駅前のトラム 

バスターミナルで買ったトラムの切符の有効時間は90分(2018年現在ではより安い1回乗り切り券も発行されているようです)。時間切れになる前にトラムとケーブルカーを乗り継いで、ザグレブ旧市街に向かいます。中央駅の向かいにある公園には、10世紀のクロアチア王国の初代国王トミスラヴの騎馬像。その前が中央駅前の電停です。

 
トミスラヴ王の騎馬像 チェコスロバキア製のタトラカーKT4YU 右は中央郵便局
 
クロアチアのĐuro Đaković製のトラム タトラカーKT4YUとT4YU

次々とやってくる青いトラムは全て片運転台片側扉仕様。共産圏の標準型、チェコスロバキアの丸いタトラカーの車体幅の狭いT4のユーゴスラビアバージョンT4YUが付随車のB4YUを牽引する2両編成。角形車体のタトラカー、2車体2台車の連節車KT4のユーゴスラビアバージョンKT4YU。他都市では見かけた記憶のない、角タトラによく似たボギー車が付随車を牽引する編成は、調べてみるとクロアチアの Đuro Đaković 製らしい。この会社、現在はトラムは製造していないようです。

5車体3台車の新型トラムはKONČAR製。機器類は輸入品かもしれないけど、メーターゲージで全低床式の西側の大手メーカに見劣りしない国産車です。丸いバックミラー代わりのカメラは、ドアのある側だけ。

 
クロアチアのKONČAR製全低床5車体連節車
低床車の車内 旧市街のタトラカーT4YU

 


inserted by FC2 system