東海道本線 山崎−高槻

東海道本線 山崎−高槻の列車

東海道本線 山崎−高槻の想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

481系の
特急“つばめ”
'68.9

481系の
特急“つばめ”
'68.9

481系の
特急“はと”
'68.9

481系の
特急“はと”
'68.9

181系の
特急“しおかぜ”
'68.9

   

181系の
特急“しおかぜ”
'68.9

181系の
特急“しおかぜ”
'68.9

キハ82系の
特急“やくも”
'68.9

153系の
急行“関門”
'68.9

153系の
急行“関門”
'68.9

  

153系の
急行“比叡”
'68.9

473系の
急行“立山”
'68.9

EF58の牽く
急行“天草”
'68.9

EF58の牽く
急行“ひのくに”
'68.9

EF58の牽く
普通143列車
'68.9

  

473系の
団体列車
'68.9

EF65 500番台の
牽く貨物列車
'68.9

EF60の牽く
貨物列車
'68.9

貨物列車で
D51の転属
'68.9

貨物列車で
C50の転属
'68.9

  

このページのはじめに戻る

 




東海道本線京都−大阪間の撮影の名所といえば、昔も今も大山崎でしょう。クモハ73やクモハ51、クハ68などのチョコレート色の4扉車と3扉車が連なった、
東海道線緩行西明石行きの電車が山崎を発車すると、サントリーに向かって少し右にカーブし、やがて大きく左に向きを変えて、高槻に向かいます。

この場所を Google マップで見ると、今では線路脇にはマンションが建ち、途中に駅までできているようですが、ここの写真のある1960年代後半は、広々とした風景の中を、複々線の線路が続いていました。

この山崎のカーブは、今でも撮影の名所のようですが、そこを通る列車が最も華やかだったのは、1964年の東海道新幹線開業から、1972年の山陽新幹線岡山開業までの7年半の間で しょう。東海道本線や北陸本線の列車に加え、大阪や新大阪を起点として西に向かう列車も、その多くは向日町運転所との間の回送で山崎を通っていました。

東海道新幹線開業に伴って廃止された東海道本線の特急“こだま”等の車両を活用して、新大阪/大阪から広島、博多、四国連絡の宇野方面への特急が増発されました。下り側の先頭車、パーラーカーのクロ181は、 宇野行きの一部を除く大半の車両が個室を除く展望室を2等車に格下げしてクロハ181となったものの、時刻表には展望車を表す“展”のマークが付いていました。

九州直通特急は、1965年に北陸本線と共通運用の交直両用481系に置き換えられます。向日町運転所を基地に、新大阪−博多間の特急“はと”、大阪−富山間の特急“雷鳥”、富山−名古屋間の特急“しらさぎ”、そして名古屋−熊本間をロングランする特急“つばめ”を絡めた運用となっています。

写真でもおわかりのように、“つばめ”は国鉄を代表する特急列車としてか、そのヘッドマークは151系で東京−大阪間を結んでいたときと同様に、上下にグレーの部分を持つ独自のデザインで、別格の扱いでした。 でも、下りの先頭車にパーラーカーを連結した181系に比べると、見劣りは否めませんでした。

181系や481系、キハ82系の特急とともに、長距離輸送の主力となっていたのは153系や473系の急行電車です。その多くはヘッドマークを掲げ、1等車は指定席と自由席を1両ずつ計2両にビュッフェを連結した長い編成で、急行“関門”のようにビュッフェを2両組み込んだ編成もありました。

運賃・料金の値上げに伴い、準急から急行に格上げされた“比叡”には1等車1両とビュッフェが1両ですが、それでも昨今の特急に比べれば立派な編成に見えます。

朝の山崎には、九州からの京都行きや、大阪が終着となる夜行列車の向日町運転所への回送が、FF58に牽かれた15両程度の長い編成で上ってきます。

午前10時半過ぎには、前夜に東京を出た大阪行き普通143列車がEF58に牽かれて下ってきます。普通といっても京都−大阪間はノンストップ。143/144列車は、ヨン・サン・トーのダイヤ改正で廃止となったものの、153系電車による東京−大垣間の143M/144Mとして 残り、現在の臨時快速“ムーンライトながら”につながっています。

EF60、EF65、EH10が牽引する貨物列車も頻繁に通過していきます。ダイヤ改正直前には転属する蒸気機関車を回送のために電気機関車の次位に連結した列車も見られました。EF60に牽かれるのは、テンダーに大きな重油タンクを乗せており、東北本線奥中山の三重連で活躍したD51が電化で追われ、西に下っていく姿でしょうか。

2010/9 記

このページのはじめに戻る

 


最初のページに戻る

inserted by FC2 system