HOME  1/5page  2/5page  3/5page  4/5page  5/5page

旅の車窓から

中国 上海・蘇州・無錫・南京

上海の気温と時刻 クリックすると天気も表示 蘇州の気温と時刻 クリックすると天気も表示 南京の気温と時刻 クリックすると天気も表示
上海 蘇州 南京

中国への旅は銀座の天賞堂から始まった

1991年の春に初めて中国に行きました。日本の国鉄にならってか、中国民航分割民営化で生まれた上海の新しい航空会社、中国東方航空で上海へ、そこから列車で南京まで往復しました。きっかけは銀座4丁目の模型店、天賞堂に置いてあった1枚の旅行のパンフレットです。

大阪商船三井船舶(現在の商船三井)系のエムオーツーリストのパンフレットには、鉄道ファン向けの世界各地の列車の旅が掲載されいました。中国のこのコースのウリは、無錫−南京間で乗車する双層軟座車(2階建てグリーン車)と、各駅の入場券のプレゼントでした。

後でわかったのですが、このコースは南京の旅行会社から名鉄観光が仕入れて、京王、西鉄等何社かに卸し、その中でエムオーツーリストは自社の鉄道の旅のパンフレットに組み入れただけで、当時の中国にはまともな道路が無かったため、移動手段に鉄道を使っただけでした。

よく、十年一昔といいますが、中国沿岸部は三年一昔程度の急激な経済成長を遂げています。そんな昔の上海−南京間をご案内します。………

この書き出しで、1991年の初めての中国旅行を本サイトにアップしたのが2000年のことです。この頃のネット環境は、まだ光はおろかADSLすら普及する前で、通信速度2.8kか3.8kbpsのモデムを使って、プロバイダにダイヤルアップで接続していました。

読み込み速度を考慮して、1ページ当たりの写真も極力枚数を少なくする必要がありました。2000年にアップしたページは、こちらに残しています

ADSLを経て、通信速度を気にせずに済む光になった今、当時の8ミリビデオのをデジタル化した動画も含めて16年ぶりにアップデートしました。今では高速列車で1時間余りの上海−南京間を、直快で5時間以上かけて移動した四半世紀前、改革開放政策で中国で最も発展していたといってもまだまだの状況だった江南地方の姿をご覧ください。

当時の8ミリビデオからキャプチャーした映像を使用しています。不鮮明な写真がありますが、ご容赦下さい。

※ 5ページの末尾にそれぞれリンク先を設けました。詳しく知りたい方はご利用ください。


上海に到着

上海は中国最大の都市で、経済の中心です。でも、1991年当時の上海は、その後に改革開放経済のシンボル的存在になった浦東地区にもまだ高いビルはなく、地下鉄すら開通しておらず、成田からの便が到着したのは市の西方の小さな空港でした。

中国に入国するにはビザが必要。それも、大使館に行って個人での取得することはできず、旅行会社に依頼する必要がありました。税関では個人で使っている所有物でも、中国では入手が難しいカメラやビデオカメラ、時計からウオークマンまで、持ち込む場合はメーカーと型番を書類に記載し、紛失すると中国国内で売り飛ばしてきたと見なされて面倒なことになると脅されました。実際には出国時のチェックはありませんでしたが。

午後便で上海虹橋機場(空港)に到着して上海市内へ、まず向かったのは延安路にある上海展覧中心。中ソ友好大厦として、旧ソ連の援助で1955年頃にできたモスクワにありそうなロシア風の建物。近くには、上海雑伎団の劇場もあります。

上海展覧中心 延安路のバス
こちらは連結バス 上海雑伎団の劇場

延安路を行き交うクルマやフロントエンジンキャブオーバーのバスを見て、共産圏でかつ文化大革命で経済が停滞した中国は、2〜3年前に訪れた台北や香港の繁栄と比較して、20年から30年遅れていると感じました。

ここに来たのは両替のため。外国人が両替で入手するのは中国銀行の発行する兌換券で、一般の中国人の使う中国人民銀行発行の人民元とは別の紙幣でした。兌換券の裏には、中国語と英語で説明が書かれてます。買い物をして、兌換券で支払ってもお釣りは人民元で戻ってきます。また、地方に行くと見慣れない兌換券を受け取ってもらえないこともあるなどといわれていました。

兌換券1元札の表(上)と裏(下) 当時の人民元1元札(上)と1分札(下)

今や、日本円を抜いて米ドルとユーロに次ぐ世界の決済通貨になった人民元ですが、四半世紀前はこんな位置づけでした。その人民元も、毛沢東の肖像の現行の紙幣とは異なるデザインで、元の1/10の角に加えて1/100のおもちゃのような1分紙幣も通用していました。

兌換券の裏の説明では、「本券的元与人民弊元等値」とあり、人民元と等価となっていますが、外国の商品を扱う友誼商店では人民元は通用せず、兌換券と人民元の間には1.5〜1.8倍程度の闇のレートがあり、街角では外国人と見ると“チェンジ・マネー”と声をかけてくる中国人がいました。


上海駅から列車で蘇州へ

レストランでの夕食には、ビールも含まれていました。そのビールビン、同じ銘柄なのに種々のビンが使われているのにちょっとビックリ。

19:00発の鎮江行き、334次直快に乗るため上海駅にやってきました。駅前広場の人の多いことに圧倒され、照明が少なく暗いことに驚きます。ゆったりとしたソファーの並ぶ広い待合室で休憩した後、改札を通って薄暗いホームにおりると、いかにも共産圏という緑色の客車が待っていました。大半は、車体にリブのある中国製の22型。

上海駅の軟座・軟臥乗客専用の待合室

待合室の列車案内 334次直快の硬座(普通)車

いかにも中国という感じのレースのかかったシートの軟座車だけは、車体にリブがなくフラットな新型。軟座車でも、当時はスーツにネクタイではなく、人民服の乗客も多く見かけます。スーツケース等の大きな荷物は車内に持ち込まず、荷物車に積み込んでくれます。手荷物預り証の発駅の“沪”は“滬”の略字で上海のこと 。

窓に白いレースのかかった軟座車 軟座(グリーン)車の車内
ボックス席のテーブルには鉢植えが 車掌がスカーフを売りに来る

軟座車のボックス席のテーブルには鉢植えが置かれ、蓋付きのカップのお茶は、茶葉を直接カップ内に入れた中国式。茶葉が口に入らないようにそっと沈めて飲みます。少なくなると、各車に1人ずついる女性の車掌が、ヤカンからお湯を注いでくれます。外国人は、中国人の何倍かの外国人料金を払って乗車してました。

   
上海駅入場券     手荷物預かり証

サービスのつもりでしょうが、発車すると車内には大音量で音楽が流れ、外国人客には車掌がスカーフの車内販売に来ます。それが終わると次は掛け軸を広げます。もちろん、今の中国の列車では、車掌による商売はありません。蘇州まで1時間あまり、車窓は暗闇の旅です。


 

inserted by FC2 system