HOME  1/2page  2/2page


“イタリア ローマ ATAC鉄道博物館”

ATACは、イタリアの首都ローマの公共交通、地下鉄A線とB線、6系統あるトラム、3本の近郊線と数多くのバス路線を運行する企業です。

イタリア鉄道のターミナル、テルミニ駅で地下鉄A線とB線が交差しています。B線に乗ってテルミニから4駅目、コロッセオから2駅目がピラミデ駅。その名の通り、駅前にはガイウス・ケスティウスのピラミッドがあります。紀元前10年代に古代ローマの執政官、ガイウス・ケスティウスの墓として建てられたといわれています。エジプトのピラミッドに比べれば、遙かに小さくて 歴史は浅いとはいえ、すでに築2,100年余り。

駅前にあるガイウス・ケスティウスのピラミッド 2012/11

ピラミッドの隣に建つ巨大な門は、ポルタ・サン・パオロ。紀元270年代に異民族の侵略対策として、古代ローマの街を取り囲むように建設されたアウレリアヌス城壁にあった門で す。城壁を一部撤去して通した道路の上を、低床連接車のトラムが駅前に到着します。

サン・パオロ門の横を駅前に到着するトラム

ポルタ・サン・パオロの向かいに駅舎が建ち、その構内は地下鉄B線のピラミデ駅と近郊線のローマ・リード線のポルタ・サン・パオロ駅とが一体化しています。近くのイタリア鉄道のローマ・オスティエンセ駅とも接続しています。

ローマ・リード線のポルタ・サン・パオロ駅

テルミニ方面からの地下鉄B線は、ピラミーデ駅で地上に顔を出します。2012年の秋現在では、旧型車から新型車への置き換えが進んでいますが、旧型車はどれも落書きですごいことになっています。

ピラミデ駅の地下鉄B線の電車 すごい落書き

地下鉄のB線の隣に、ここを始発として地中海に面した郊外のクリストーフォロ・コロンボに向かうローマ・リード線があり、こちらは頭端式のホーム6線を有しています。両線はここから4駅先まで、複々線のような形で並走しています。

ポルタ・サン・パオロ駅のローマ・リード線の電車

このピラミデ/ポルタ・サン・パオロ駅の構内に、ATACの鉄道博物館があります。 あらかじめGoogleマップで場所の目星を付け、入口をストリートビューで確認していました。駅舎を出て側面にまわると、中に展示車両が見えますが、門が閉じられています。

鉄道博物館の門は閉じていた

門柱に、“PARCO-MUSEO FERROVIARIO”とならんで“INGRESSO DA ATRIO SATATIONE PORTA S.PAOLO ←”の看板が出ています。“ポルタ・サン・パオロ駅 ←”だけわかりました。左へ戻って駅の構内から入れと書いてあるようです。自動改札を通って駅の中にに入ると、博物館への通路が開いています。

右の通路を通ってポルタ・サン・パオロ駅の構内から鉄道博物館に入る

この博物館は無料ですが、展示されている車両はわずか6両、それにクレーンが1基だけ。しかも説明の看板等は一切ありません。これらの車両が何者か、以下はネットで調べたものです。

1939年製の404号はローマテルミニとチネチッタを結ぶトラムの郊外線の連接車

連接車404号は1939年製で、イタリア鉄道のテルミニ駅から東の郊外にあるチネチッタの街を結んでいたとされています。現在でも、テルミニ駅前からその近くまで行くトラムの系統があり、片運転台の連接車が運行されてます。

後部はこんな形をしています

404号の車内は、1人がけと2人がけのシートが並んでいます。窓には紙が貼られ、写真が展示されているようですが、訪問時点では車内に立ち入ることはできません。

進行方向にベンチが並ぶトラムの車内

先頭に大きなバッファを1つだけ取り付けた狭軌の電車がいます。ここで初めてこの電車を見たとき、真っ先に思い浮かべたのが、テルミニ駅のすぐ横から東に向かって発車し、ジャルディネッティに向かうローマ・ジャルディネッティ線です。すぐ下の写真のように、線路幅が950mmの狭軌で正面には大きな一つのバッファ を付けています。

先頭に大きなバッファが一つ 後方にはピラミッドがそびえる
博物館の70号によく似たローマ・ジャルディネッティ線の電車

でも、こちらの70号は側面に狭窓が並んでいて、ドアも折戸と引き戸の違いがあったりします。調べてみると、かつてテルミニから南東方向にあるカステリ・ロマーニ方面に路線を延ばしていた近郊線があったようです。60年代から少しずつ廃止が進み、最後の区間は地下鉄A線の開業で置き換えられたようです。

ナローゲージの70号

この電車、1912年製との情報がありますが、100年前には見えないので、旧型車の機器を流用して車体を新造しているのかもしれません。

奥の方に、側面の扉に70号と同じ丸いマークを付けた狭軌の電動貨車がいます。カステリ・ロマーニ方面の沿線の農産物を、ローマの市場に運んだ電動貨車だそうです。

電動貨車

 


次へ戻る

 

inserted by FC2 system