名鉄パノラマカー

名鉄パノラマカー

名鉄パノラマカーの想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

7000型 フロント
アイ付きの新車
'68.7 新岐阜

新岐阜行7000型
とのすれ違い
'67.7
新一宮付近

新岐阜行7500型と
名古屋市電の出会い
'67.7
金山橋

     

新岐阜行
特急7500型
'67.7 金山橋

豊橋行
特急7500型
'68.7 金山橋

新岐阜行
特急7500型
'68.7 金山橋−神宮前

     

豊橋行
特急7500型
'68.7 金山橋−神宮前

豊橋行
急行7500型
'84.2 駅名不詳

白帯の7000型
特急指定席車
'82.8
豊橋

     

このページのはじめに戻る

 



名鉄といえば、赤い車体に前面展望席の7000型と7500型パノラマカー。新岐阜−豊橋間の名古屋本線からローカル線まで、瀬戸線のような旧600V路線や地下鉄直通路線などの一部を除けば、名鉄の1500V区間を縦横に走っていたパノラマカーが、2008年末で終焉を迎えようとしています。

ここに写真があるのは1967年、68年ですが、パノラマカーにはじめて乗ったのは1966年の夏休みのことでした。第1編成の登場から5年後、パノラマカーは名鉄を代表する最新型の車両でした。新岐阜駅で並んだのですが、最前列はとれず、前から2番目の座席で新名古屋まで、前方を食い入るように見つめていました。正面窓の上に付いた、円い窓の中に0から9まで数字の入った、珍しい光電管式のデジタル速度計が100km/sを超えるのが楽しかったですね。

パノラマカー以外の名鉄車は、ロングシートの旧型車がダークグリーン一色、クロスシート車と3700番台の旧型HL制御の車体更新車はピンクがかったクリームとマルーンの塗り分けから薄紫一色への塗り替えが進んでいる時期で、スカーレット一色はパノラマカーだけ、特別な車両でした。

とりわけ7500型は、前面展望席から後部まで床面と側窓の高さが揃い、6連または8連の特急で本線を疾走する姿は、近鉄ビスタカーや小田急NSE車と並んで、民鉄を代表する車両でした。

カラーテレビ、クーラー、自動車(カー)が3Cといわれ、消費者のあこがれであった時代、クーラーはまだ一般家庭にはほとんど普及しておらず、パノラマカーの周辺で冷房付きは、開通して2年目の新幹線と、併走する東海道線の寝台特急を除けば、急行のサハシ153のビュッフェ部分と1等車サロ152、近鉄ビスタカーやエースカーだけで、特別料金なしで冷房車に乗れるのは、名鉄だけではなかったでしょうか。

そんな時代に、前面展望と高速運転、夏でも涼しい快適な車内、競争相手は国鉄ではなく自家用車、名古屋って素晴らしいと思いました。

運転台から前面の死角をなくすために、パノラマカーの登場時にはなかった“フロントアイ”付きの新車が登場したのは、翌年のことです。数年後には、在来車にも取り付けられて、おでこにアクセントが付きました。

1980年代にはいると、併走する国鉄が関西に引き続いて快速に117系を投入します。パノラマカーの一部は、座席シートの交換等のグレードアップ整備を受け、白帯の装いで指定席特急車として運用され、このころが一番華やかだった時代でしょう。

パノラマスーパーが登場していた1990年代のはじめ頃、出張で新幹線から乗り換え、新名古屋駅の地下ホームで河和行きの特急を待っていて、ミュージックホーンを奏でながら白帯のパノラマカーが入線してきたときは、パノラマスーパーを期待していただけに、正直がっかりしました。帰りは期待通りのパノラマスーパーに乗車しました。

その後はパノラマカーによる特急運用が減少し、7000型に最後に乗ったのがこのときだったのかもしれません。2009年以後もパノラマスーパーは残るにしても、特別料金なしで前面展望が楽しめるパノラマカーのいない名鉄って、考えられませんね。

今でも名鉄のホームページでミュージックホーンを聞くことができますが、1996年頃だったでしょうか。それまでのモザイクやネットスケープナビゲーターVer.1では音が出なかったのですが、Windows95対応のインターネットエクスプローラーVer.2で名鉄のホームページを開いたときにミュージックホーンが流れてきたのが印象に残っています。その後10年近くにわたり、インターネットエクスプローラーがメジャーなブラウザソフトとして圧倒的なシェアを維持することになります。

2008/12記

このページのはじめに戻る

 


最初のページに戻る

inserted by FC2 system