同和鉱業片上鉄道

片上鉄道の車両

片上鉄道の想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

ディゼル機関車
DD13 555
'83..9 片上

もと小坂鉄道の
キハ801
'83..9 片上

オリジナル車
キハ312
'83.9 和気

 

キハ312の
車内
'83.9 片上

元国鉄の
キハ303
'83.9 和気

元国鉄の
キハ702
'83.9 和気

     

このページのはじめに戻る


 

瀬戸内海に面した港町「片上」から山陽本線との接続駅「和気」を経て山に分け入り、鉱山の町「柵原」を結んでいたのが同和鉱業片上鉄道でした。鉱石を運ぶ貨物列車が運転され、旅客列車には古い気動車の他、ラッシュ時にはディーゼル機関車の牽引する客車列車も運転されていました。

その名前からもわかるように、貨物輸送が主体の鉄道で、1960年代の後半まで、国鉄と同じ型式ではあるが自社発注のC11型とC12型蒸気機関車が活躍し、第二次世界大戦中に近鉄(当時近鉄と合併していた南海も含め)で使われたテンダ機関車をタンク機関車に改造した、片上鉄道だけのオリジナル機C13型もいたそうです。

そんな片上鉄道を訪れたのは 、1983年の夏のことでした。岡山から東京に戻る途中、国鉄赤穂線を西片上で途中下車しました。少し行くと、片上鉄道の片上駅があります。

国鉄の駅が、備前片上や西片上を名乗っているのに、こちらは「片上」。歴史の重みを感じさせます。ホームは一面だけですが、機関区をはじめとする主要な施設があり、貨物ヤードが広がっています。

ヤードにいたディーゼル機関車の番号はDD13 555で、片上鉄道が所有する5両の中の最新型です。蒸気機関車の置き換えを目的に、国鉄の入れ換え用DD13型をモデルに、本線走行に適するよう センターキャブの内部に前後に運転台を設置したため、国鉄では正面から見て両側にドアがあったものが、右側のドアの部分は運転台の窓に仕様変更になっています。

ホームに停車していた柵原行きは、第二次大戦後に片上鉄道が新造したキハ312号。正面は大きな2枚窓、張り上げ屋根になり、乗務員室扉もありますが、側面や車内から戦前の国鉄キハ41000型、後のキハ04、05、06型の図面を流用していることがすぐにわかります。それでも、当時の国鉄より立派な車両を造ろうとした意気込みが伝わってきます。

後の改造でしょうが、ヘッドライトが窓の下に移設されてシールドビームの2灯ととなり、天井には扇風機が付いて車内に風を送っています。

車庫 の中から、秋田県大館の同和鉱業小坂鉄道から転入してきたキハ801が顔を覗かせています。近代的な電車のようなスタイルの気動車版日本車輌標準型で、同型車は関東鉄道や筑波鉄道にもいました。

片上から3つ目の駅が、国鉄山陽本線との接続駅「和気」で、5番線の到着です。片上鉄道のホームは、和気駅の4番線と5番線で、地下道で国鉄のホームと結ばれていました。

和気駅では、山陽本線の電車との接続をとるため、長時間停車します。ホームの向こうにはヤードがあり、貨車が留置されています。流線型の気動車、キハ702がいました。国鉄払い下げのキハ42000型(後のキハ07型)です。

やがて向かいの4番線ホームに、片上行きのキハ303が到着します。こちらは国鉄払い下げのキハ41000型(後のキハ04型)で、窓下に移したヘッドライト以外は原型をよくとどめています。

この時は和気で山陽本線に乗り継いだため、柵原方面へは鉱山の閉山に伴い片上鉄道が1991年に廃線になるまで訪、れる機会はありませんでした。それから15年が経過しましたが、片上鉄道の吉ヶ原駅周辺が「柵原ふれあい鉱山公園」として整備されて線路が残り、嬉しいことにディーゼル機関車や気動車、客車から貨車まで、当時の姿のままで多くの車両が動態保存されているそうです。

2006/6記

このページのはじめに戻る


最初のページに戻る

inserted by FC2 system