鹿児島交通

鹿児島交通の車両

鹿児島交通の想い出

最初のページに戻る


 

鹿児島交通
 キハ303号
'71.2 伊集院駅

このページのはじめに戻る




かつては南薩鉄道とよばれ、合併により鹿児島交通になった鉄道線は、薩摩半島の西海岸に沿って伊集院と枕崎をむすんでいました。両端で国鉄に接続し、伊集院では鹿児島本線の駅に間借りしていましたが、枕崎は国鉄指宿枕崎線の方があとから伸びてきたため、駅は鹿児島交通の所有でした。

その昔は蒸気機関車が活躍して、後にはディーゼル機関車や気動車に取って代わられたものの、沿線の最大の町である加世田駅の構内には使われなくなってから久しい蒸気機関車や客車、貨車からガソリンカーまで、何両も放置されていたそうです。

気動車が造られた1950年代前半には、たくさんの乗客があったのでしょう。国鉄のキハ42500(後のキハ07)のステップを無くした以外はそっくりな流線型のキハ100型が6両、その2年後に、国鉄の10系気動車そのもの(南薩鉄道の方が先という話もありますが)の300型を3両、まとめて増備しています。あとは廃線まで、蒸気機関車がディーゼル機関車になった以外は車両の増備は行われず、他社のような中古の気動車が入線することはありませんでした。

写真は、始発の伊集院駅のホームに停車する303号を鹿児島本線の列車の窓からスナップしたものです。赤い車体の紺色の帯。当時の国鉄の一般型気動車は後のタラコ色ではなく、最近復活している国鉄色の赤とクリームの塗り分けでしたから、鹿児島交通の屋根まで真っ赤なこの色は目立つ存在でした。

300型は国鉄の西鹿児島までの乗り入れにも使われていました。1970年には、鹿児島本線の電化が完成し、架線の下を赤い気動車が1両でとことこ走っていました。今とちがって、国鉄の幹線を定期列車がわずか1両で走る姿は、大変珍しいものでした。

鹿児島交通鉄道線は1983年に豪雨の被害を受け、全線にわたって不通になりました。その後、部分的に復旧したものの翌1984年に廃止になりました。それまでに3度鹿児島を訪れているのに、残念ながら一度も乗車する機会がありません。

国鉄バスで山川から長崎鼻に立ち寄り、枕崎まで足をのばしながら、均一周遊券(後のワイド周遊券)の使えない鹿児島交通をあきらめ(お金がなかったんです)、指宿枕崎線の列車で戻ってしまったこともあります。

次に鹿児島を訪れる機会がめぐってきたのは、残念ながら廃線の翌年でした。門司港行きの夜行急行列車“開聞”に乗るまで半日時間の余裕ができたため、鹿児島交通のバスで知覧と坊津を訪れています。

2002/02記

このページのはじめに戻る


最初のページに戻る

inserted by FC2 system