北陸鉄道

北陸鉄道の車両

北陸鉄道の想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

北陸鉄道小松線
3000型
'84.10 小松

北陸鉄道小松線
小松駅の3004号
'84.10 小松

北陸鉄道小松線
終点の鵜川遊泉寺
'84.10 鵜川遊泉寺

     

鵜川遊泉寺に
停車中の3004号
'84.10 鵜川遊泉寺

近代的なスタイルの
3501号
'82.10 北鉄金沢

次の内灘行きは
5101号
'82.10 北鉄金沢

     

終点内灘駅の
留置線の車両
'84.10 内灘

内灘駅に停車する
北鉄金沢行5101号
'84.10 内灘

近代的なスタイルの
3201号
'84.10 内灘

     

このページのはじめに戻る

 



北陸鉄道は、第二次世界大戦中に石川県内の私鉄やバス会社7社が合併して発足し、その後も買収や合併により勢力を広げたため、金沢市内の路面電車のほか、国鉄北陸本線の多くの駅で接続する電車を見ることができました。

軌道線や鉄道線の大半は廃止されましたが、今でも金沢駅の地下にある北鉄金沢と内灘を結ぶ浅野川線と、始発の野町から西金沢でJRに接続して加賀一の宮に至る石川線に、もと井の頭線や東急のステンレスカーが活躍しています。

能登に行く途中、初めて金沢駅に降り立ったのは1970年の秋のことです。兼六園を往復した後、急行“能登”で輪島に向かっているので、残念ながら北陸鉄道には立ち寄っていません。

すでに、金沢市内線の路面電車は廃止されていましたが、この頃はまだ北陸鉄道が接続する国鉄の駅として、大聖寺、動橋、小松、寺井、西金沢、金沢、羽咋がありました。

そこで働く電車は、合併により引き継いだ戦前型や、戦後の北陸鉄道による新造、名鉄からの転入車などバラエティーに富み、形態の異なる1形式1両のみも数多く見られました。でも、多くの車両が正面の窓をHゴムによる固定に、貫通扉の周囲に幌枠を設けた北陸鉄道タイプに改造され、生まれや育ちが違っても、前から見るとよく似た顔をした車両が多くいたようです。

1970年代になると、路線の廃止が始まり、加南線の看板電車であった“くたに号”や、我が国最初のアルミ電車でもある“白鷺”号が大井川鉄道に転出します。

私が北陸鉄道を訪れた1984年には、残存路線は小松線と石川総線、浅野川線の3線になっていました。

小松線は国鉄小松駅の裏から北陸本線に直角に、鵜川遊泉寺までの短い路線でした。架線が直接吊架式で路面電車並みですが、スピードが出なかったのでこれでも良かったのでしょうね。

車両は、石川総線から金石線に移り、廃線とともに小松線に渡ってきた小型車5000型5両が、ここに集結していました。1形式5両は、北陸鉄道最大の勢力です。

3001〜3004号は、改造により微妙に異なる外観を持ち、3004号が正面窓もHゴム化されずに最もオリジナルに近いスタイルで残っていました。ラストナンバーの3005号だけは事故復旧時に車体を新造したので、張り上げ屋根に貫通扉付きの近代的なスタイルをしていました。

ラッシュ時2両、閑散時は1両ですが、この時代はまだワンマン化されることなく、車掌さんが乗務していました。終点の鵜川遊泉寺は片面ホームだけの駅です。まるで鉄道模型のような小松線は、1986年5月末日で廃止されてます。

今では加賀一宮までに短縮され、石川線と名乗っている石川総線は、香林坊のそばの野町が始発で西金沢で国鉄に接続し、白山下までの路線でした。残念ながらまだ一度も訪れていません。

浅野川線の始発の北鉄金沢は、今では地下駅だそうですが、当時は国鉄金沢駅の横に1本のホームがある小さなターミナルでした。ラッシュ時2両、閑散時は単行運転が行われていました。

車両はバラエティーに富み、ほとんどが1形式1両の存在でした。ラッシュ時の勤めを終えたの3501号がクハを引き連れて、パンタをおろして休んでいました。浅野川線の生え抜きで、当時の北陸鉄道最新型。1960年代製造の近代的な外観ですが、ドアのステップが田舎電車の感じです。

内灘まで乗ったのが、単行運転の5101号。石川総線の出身で、あとから取り付けたと思われる貫通扉の幌枠が左右の窓にかかり、側面窓は上段がHゴム支持のバス窓に改造されるなど、いかにも北陸鉄道と行った感じの車両です。

終点の内灘には車庫があり、雑多な車両が休んでいます。中でも加南から石川総線を経て浅野川線に来た3201+1001の編成は、同時につくられ唯一の編成美を見せていたのですが、3201号だけが更新されてバランスを崩してしまいました。Hゴム化された丸みを帯びた正面窓はいかにも北陸鉄道です。

こんな個性的な車両ばかりで、電車ファンには魅力的だった浅野川線も、今では井の頭線のステンレスカーに統一されたそうです。

2004/12記

このページのはじめに戻る

 


最初のページに戻る

inserted by FC2 system