花巻電鉄

花巻電鉄の車両

花巻電鉄の想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

軌道線
デハ3
'69.8 花巻

軌道線
デハ4
'69.8 花巻
軌道線
デハ4の車内
'69.8 花巻
軌道線
デハ5
'69.8 花巻
  
もと鉄道線
デハ3とサハ200型
'69.8 花巻
鉄道線
デハ56とキハ
'69.8 花巻
鉄道線
デハ55
'69.8 花巻
EB型
電気機関車
'69.8 花巻
        

このページのはじめに戻る



東北本線の花巻駅で下車すると、駅の西側に車庫があって小さな電車がとまっていました。線路幅が762mmのナローゲージの花巻電鉄です。集電装置にポールを付けたのが西鉛温泉へ行く軌道線、Zパンタは花巻温泉へ行く鉄道線です。この中に、よく見ると小さいだけではなく、幅がとても狭い電車がいます。大人が両手を広げた幅と同じ、1m60cmしかありません。前後はドアの位置から絞られていますので、更に幅が狭くなっています。

馬ヅラ電車のナンバーは、デハ1、デハ3、デハ4、デハ5の4両。デハ1から4までは半鋼製車ですが、デハ5だけは木造車です。花巻電鉄軌道線が田舎道の脇に線路をひいて開通したとき、民家にすれすれのところを走ったそうで、こんな狭い電車になってしまったそうです。

デハ4の車内の写真も載せておきました。シートの奥行きが極端に狭いため、通路幅があるように見えますが、両側に乗客が座ると膝がぶつかり、通路に立つことができません。それでもしっかり、つり革がついています。また、客室と運転台の間の仕切がありません。仕切を設けると運転台に出入りできなくなるからでしょうか。柱の1本でも立っていれば、運転手さんは楽だったのではないかと思います。

後に、道路が改良されて、幅の広い鉄道線の電車も軌道線に入線できるようになりました。鉄道線にもデハ3とデハ4があり、同じ線路を同じ番号の別の車両が行き来していたこともあります。俗に朝顔型と呼ばれた、軽便鉄道で使われたピンとリンク式の連結器で、デハがサハをひく2両編成の電車もありました。サハは写真のように近代的な車両でした。

車庫の隅の草むらには、凸型の小さな電気機関車がいましたが、屋根にポールはなく、もう走れる状態ではありませんでした。木造のデハ5も片方のポールがなくなっており、もう長い間乗客を乗せて走った形跡はないように見受けました。デハ5の後ろにいる、もと鉄道線のデハ4と比べると、その車体幅の狭さが際だちます。

Zパンタの鉄道線には、同型のデハ55と56、それに正面2枚窓の近代的なデハ57の3両がありましたが、いずれも平凡な路面電車タイプの車両でした。

車庫の奥には、黄色の車体にコカコーラの広告を描いたディーゼルカーがいました。廃止になった遠州鉄道奥山線のキハ1804です。花巻電鉄で乗客を乗せて走ったことがあるのでしょうか。

この写真を撮ってから程なく、花巻電鉄軌道線は廃止になりました。その後、岩手中央バス(その後の合併で岩手県交通)に吸収合併された鉄道線も、1972年には廃止されています。でも、今でも花巻市内に馬ヅラ電車の1両が保存されているそうです。

先を急ぐ旅であったため、残念ながら花巻電鉄には乗車していません。でもこの日の車庫で、デハ1〜5の狭幅車を全部写していますので、軌道線の運用に入っていたのは、鉄道線と同じ大きさの車だけだと思われます。もう、走る馬ヅラ電車には乗れなかったのです。

2000/11記

このページのはじめに戻る


最初のページに戻る

inserted by FC2 system