名鉄岐阜市内線・美濃町線

名鉄岐阜市内線・美濃町線の車両

名鉄岐阜市内線・美濃町線の想い出

最初のページに戻る



写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

金沢から転入した
ばかりの560型
'68.8 岐阜駅付近

登場間もない510型の
揖斐線直通急行
'68.8 新岐阜駅前

長良北町方面は
550型の独壇場
'82.8 長良北町

520型と510型2連
の揖斐線直通急行
'82.8 徹明町

   

520型の車内

'82.8

510型の車内

'82.8

510型と520型2連
の揖斐線直通急行
'82.8 忠節

都電6000型に
良く似た570型
'82.8 徹明町付近

   

市内線の忠節への
支線の主力570型
'84.2 忠節

新岐阜から美濃町線
直通の複電圧車
'84.2 日野橋

もと札幌市電
870型の交換
'84.2

美濃町線の終点の
500型と590型
'69.7 美濃

   

このページのはじめに戻る

 




岐阜の路面電車、名鉄岐阜市内線と美濃町線それに鉄道線の揖斐線の、名鉄600V区間の廃止がいよいよ秒読み段階になってきましたね。ヨーロッパから30年遅れて、やっと日本でも路面電車やLRTが見直されている中での廃止は残念なことです。

岐阜の路面電車に初めて出会ったのは、1966年に国鉄の岐阜駅に降り立ったときのことです。名鉄本線に乗り換えるため、新岐阜まで歩いたのですが、駅前には名鉄岐阜市内線の小さな木造の2軸単車が多くの乗客を乗せて行き交っていました。

大型のボギー車は忠節行きや徹明町始発の美濃町線に運行されており、急カーブのある長良北町方面の本線には入線できず、2軸単車の天国となって いました。新岐阜で乗り換えた名鉄の看板電車、パノラマカーとの余りの格差に唖然としたものです。

この時はカメラを持ち合わせておらず、残念ながら写真に残していません。2年後に再び岐阜駅に降り立ったときには、北陸鉄道金沢市内線の廃止により転入してきた2000型改め名鉄550型と2200型改め名鉄560型が木造の2軸単車に取って代わっていました。

この頃の岐阜市内線や美濃町線の電車は、名古屋市電によく似たクリーム色と緑の塗り分けで、まだ車掌さんも乗務していました。

美濃町線の前身である美濃電からの引き継ぎ車、大正生まれで正面が大きな曲面の510型と520型が転用され、車内を前年に本線に登場した支線特急車の3780型と同じ片側2人がけ、もう一方が1人がけの転換クロスシートに改装し、赤と白の派手な衣装を身にまとって、市内線から揖斐・谷汲線に直通する急行として運転を開始 したのが1967年のことだったと思います。

翌年の写真がありますが、まだ岐阜駅前−忠節間の路面区間では2両連結運転が許可されず、忠節で1両ずつに分割併合して、市内線は2両が続行運転で新岐阜までやってきて、1両ずつ本揖斐に向けて折り返しています。この写真の時は2両とも510型のようですが、通常は戸袋窓が丸窓で人気の510型と、さらに古い木造車体の外板に鋼板を張っただけの520型がペアになっていました。

というのは、直接制御の520型を経費をかけずに連結運転ができるように改造するため、揖斐・谷汲側の運転台にのみHL(間接非自動制御)の制御器を増設したため、520型は510型の制御車としてのみ連結運転が可能だったのです。520型の狭い運転台に2台のコントローラの並ぶ姿は異様でした。

岐阜の中心、徹明町の交差点では、北の長良北町に向かう本線と西に曲がって忠節で揖斐線に接続する支線、それに交差点の東側が始発となる徹明町−美濃間の美濃町線が接続しています。510型と520型が揖斐・谷汲線直通急行に転用されてからは、美濃町線は美濃電からの引き継ぎのダブルルーフの木造車500型と、戦後に名鉄が新造した570、580、590型で運行されていました。

1970年に複電圧車600型の新造により、美濃町線が各務原線に乗り入れ新岐阜に直通が始まったとき、木造の500型が引退しています。1976年には札幌市電の廃止により連接車A830型が870型として入線し、1980年には複電圧の連接車880型が登場します。

その後も新車の増備が続く一方で、徹明町から長良北町間が廃止されたのが1988年、美濃町線の末端区間新関−美濃間の廃止が99年、鉄道線の谷汲線と揖斐線の黒野から先の区間の廃止が2001年、そしてついに揖斐線の残存区間も含め、岐阜市内線と美濃町線の廃止が 目前に迫ってきました。

大正生まれの510型は引退でしょうけど、まだまだ使える新しい車両がたくさんいます。豊橋や福井で再就職するようですね。

2005/02記

このページのはじめに戻る

 


最初のページに戻る

inserted by FC2 system